家庭用キャビテーションは一度に全身に使っても良いか

家庭用キャビテーションは部分痩せに特に効果的なダイエット方法です。しかし部分痩せだけではなくもちろん全身に使うこともできます。では全身に使う場合、一度に全ての部位に当てても良いのかというと、それは事情が違ってきます。なぜなら、キャビテーションというのは脂肪細胞を代謝することでダイエットに成功できるものだからです。一度の全身の部位に使ってしまうと、破壊した脂肪細胞の代謝が追いつかなくなってしまうのです。

脂肪細胞を破壊するのが家庭用キャビテーションの働きですが、その脂肪を体外へ排出するのは肝臓の仕事です。そのため、キャビテーションを使用すると通常ではあり得ない量の老廃物を肝臓は処理しなければいけなくなります。通常よりも多い分量を処理するということは、それだけ大きな負担が強いられるということです。お腹や二の腕などそれぞれの部位ごとに別個にキャビテーションを使った方がもちろん負担は軽減されます。

全身に一度に使ってはいけないということではありませんが、その際には肝臓を始めとする内臓への負担が大きくなるということを知っておかなければいけません。代謝の効率も落ちるため、部位ごとに使用した方が最終的な効率の良さは上という可能性もあります。