家庭用キャビテーションとエステの違い

キャビテーションを行う方法は大きく分けて2つあります。1つは家庭用キャビテーションを使って自分で行うというもので、もう1つはエステへ行って施術を行ってもらうというものです。この2つの方法の違いとしてまずあげられるのはマシンの性能の違いです。通常、エステの方が家庭用よりも性能の高いマシンを使っていることが多いものです。しかし、最近では家庭用キャビテーションでもエステにひけを取らないほど高性能のものがありますので、この違いはキャビテーションの選び方にもよると言えます。

また、もう1つの大きな違いは、プロによる指導があるかないかという点です。エステに行けばキャビテーションについて学んだプロに施術してもらうことができます。脂肪細胞を破壊するという点でもプロの施術であればより効率的と言えるでしょうし、キャビテーション後のマッサージも脂肪を排出するということを考えるととても重要です。また、帰宅後にどのようにすればより効果を感じやすいのかといったことについても指導を受けることができます。

ただし、家庭用キャビテーションを使う場合であっても、事前にその仕組みについてきちんと学んでから使用すれば、充分な効果を得ることも可能です。