家庭用キャビテーションのデメリット

家庭用キャビテーションの最も大きなデメリットは、破壊した後の脂肪細胞の中から出てきた中性脂肪をどのように体外に排出するか?という部分にあります。これがエステであれば、エステティシャンのマッサージを受けることで排出を促すことができますし、どのようにすれば排出が促されるかということについて指導を受けることも可能です。

キャビテーションは脂肪細胞を破壊してくれますが、破壊しただけではまだ中性脂肪は体内にあるままなのです。そのため、その後体外へ排出するということが欠かせないわけですが、家庭用キャビテーションを使う場合にはそれを全て自力で行わなければいけないのです。そのデメリットを感じさせないようにするためには、ラジオ波などで中性脂肪の排出を助けてくれるタイプのキャビテーションを購入するのが効果的です。

また、こうしたキャビテーションについての知識も自分でしっかりと知っておかなければいけません。そのため、使用前にきちんと説明書を読み込んでおいたり、一般的な知識について知っておくという努力も必要になってきます。しかし、一度身につけてしまえばその後は何度でも自分で納得がいくまでキャビテーションを行えるというメリットもあります。