家庭用キャビテーションで破壊された脂肪の行方

家庭用キャビテーションは脂肪細胞を破壊してくれます。その仕組みは、脂肪細胞内に振動を伝えることで気泡を作り、それで細胞を破壊するというものです。脂肪細胞の数自体が減少するので、脂肪吸引と同じようにリバウンドしづらいダイエット方法として知られています。しかし、家庭用キャビテーションの場合には脂肪吸引のように脂肪そのものを体外へ出すということは行っていません。では、破壊された脂肪細胞は一体どこへ行ってしまうのでしょうか。

実はキャビテーションを使っただけでは細胞そのものはまだ体の中にあるままです。そこで重要なのは、脂肪を体外へ排出する働きを高めるために代謝を促進させるということです。運動をしたり半身浴をしたりして、汗や尿と一緒に排出させるのです。もしもこれができなかった場合、せっかく排出されやすくなった脂肪がそのまま体内に残ることになりますので、結局あまり効果を感じられなくなってしまいます。

家庭用キャビテーションで破壊された細胞は、きちんと代謝されることで体外へ排出されます。そしてすっきりと部分痩せしていくことができるというわけです。キャビテーションは脂肪細胞を破壊することはできますが、体外へ出すということはできません。そのため、体外へ排出する力を高めることが重要です。