家庭用キャビテーションの働きを運動量に換算すると

家庭用キャビテーションは、脂肪細胞に超音波による振動を伝えて気泡を作り細胞を破壊します。そして破壊された脂肪細胞を代謝によって体外へ排出することによってダイエットをするのです。一般的にダイエットをするために積極的に行うべきと言われていることといえば運動です。しかし、運動で痩せるためには、かなりハードな運動を継続していかなければいけません。

一方、家庭用キャビテーションを利用すると運動をしなくてもダイエットをすることができると言われています。なぜなら、キャビテーションを使用することで運動するよりも効率的に脂肪細胞に働きかけることができるからです。例えば太ももに10分間キャビテーションを使用することはジョギング1時間に相当しますし、ヒップへの10分間の使用は1600段階段を登ったのに相当します。

これだけの運動を継続して行うというのはなかなか大変なものですし、途中でイヤになってしまい継続できなくなってしまう人も多いものです。家庭用キャビテーションなら1週間に1度の使用が目安となっていますので、使用する際の負担というのもそれほどなく継続しやすいはずです。ダイエットは我慢したり辛い思いをしたりしながらするものというイメージがありますが、キャビテーションを使えばこれまでよりもうんとラクにダイエットができるのです。