家庭用キャビテーション使用後は食事内容に要注意

家庭用キャビテーションによるダイエットは、食事制限をしなくても効果が実感できるダイエット方法と言われています。しかし、その効果をより良く実感するためには、キャビテーション直前から使用後3~4日間くらいの食事には充分に気をつけなければいけません。なぜなら、キャビテーション後は脂肪が急激に減少するため、その不足分を補おうと栄養の吸収率が普段よりも高まってしまうからです。

栄養の吸収率が高まっている時に、普段と同じ食事やより高カロリーなものを食べていたのでは、せっかく脂肪を排出したというのにまた吸収して脂肪をつけてしまうことになります。また、キャビテーション後に代謝によって脂肪を体外へ排出しようとしている時は、肝臓の働きがフル稼働状態になっています。そのため、内臓がどうしても疲れてしまいがちになってしまいます。内臓にしっかりと働いてもらって脂肪をどんどん排出するためにも、この期間の食事はヘルシーなものを腹八分目で食べることが望ましいのです。

決して無理な食事制限をしなければいけないというわけではないのですが、日頃たくさん食べる人や高カロリーな食べ物が好きという人は気をつけていかなければいけません。また、家庭用キャビテーションでせっかく痩せるのですから、これを機に食生活にも気をつけて理想の体型をキープしていくと良いでしょう。