脂肪吸引と家庭用キャビテーションの違いとは

脂肪吸引も家庭用キャビテーションも脂肪細胞の数を減らすことでダイエットをするという点では共通しています。また、数あるダイエット方法の中では即効性がある方法として分類されている点でも共通です。しかし違う部分もあります。まず大きな違いはメスを使うか使わないかです。脂肪吸引はメスを使いますが、家庭用キャビテーションはメスを使いません。メスを使えばそれだけ回復に時間がかかりますが、それが無ければすぐにでも動くことが可能です。

次にあげられるのは、脂肪を体外へ出す方法です。脂肪吸引ではメスを使って切り開き、バキュームのようなもので直接吸い取っていきます。そのため、状態によっては1回の手術でダイエットは完了します。一方家庭用キャビテーションはというと、マシンの働きによって破壊された脂肪細胞を、体の持っている代謝能力で代謝して体外へ排出します。キャビテーションによるダイエットは代謝の能力がどのくらいあるかによっても成否が左右されるのです。

どちらも同じような結果を得られるダイエット方法ですが、その過程にはやはり違いがあります。キャビテーションは脂肪吸引と比較して安全性が高く体への負担も少ないことから、近年特に注目が集まっているダイエット方法です。