家庭用キャビテーションで失敗しないために必要なこと

家庭用キャビテーションは効果の即効性が高く、ダイエット効果を得やすいものと言われています。しかし、人によっては効果がなかなか出ないということもあります。それは、キャビテーションによって破壊された脂肪細胞を代謝によって体外へ排出する過程に違いがあるために起こることです。キャビテーションを使えば誰でも脂肪細胞を破壊するということはできます。その働きによって脂肪細胞は代謝されやすい形に絶対になります。

しかし、元々の代謝が悪い場合には脂肪がなかなかなくなりません。そのため効果を実感しづらく「失敗してしまった」という結果になるのです。そのため、家庭用キャビテーションで失敗しないためには、まずは代謝を高めておくということが必要です。特に使用後にはマッサージや半身浴を行い、水をたっぷりと飲むようにします。

また、他にも食事の量を控えるということも必要です。キャビテーションは食事制限をする必要はありませんが、使用後3日間程度は非常に栄養の吸収率が高まっていますので、高カロリーのものを食べすぎたり満腹になるまで食事をするというのは避けるようにします。栄養の吸収率が高い時に食べすぎてしまうと、その分がまた脂肪となってせっかく痩せた部分についてしまうからです。