家庭用キャビテーションの危険性は?

家庭用キャビテーションは危険性の無いダイエット方法と言われています。キャビテーションと同じように脂肪細胞を減少させることでダイエットをしようと思うと他には脂肪吸引があります。脂肪吸引の場合にはメスを使わなければいけませんので手術という形で行われますから、当然術後の回復に時間がかかります。しかも神経麻痺が残る可能性もありますし、見た目がボコボコとしてしまう危険性もあります。一方、脂肪吸引と比較すると同じような結果を得られるキャビテーションはとても安全なのです。

また、キャビテーションというのは、超音波で発生させた気泡によって脂肪細胞を破壊するという仕組みです。この現象を体に使っても大丈夫なのかという点においても、大学での研究によって安全性が証明されています。心配になるのは使った時に感じる「キーン」という音や肌に感じる熱だと思いますが、これも全く心配はいりません。

「キーン」という音は超音波が骨伝導で聞こえる音で、体調によっては気持ち悪くなることもあるようです。しかし、気持ち悪さがあったとしても一過性のものですので、後々まで残るということはありません。肌に感じる熱はそもそも家庭用キャビテーションのタイプによっては表れないこともありますし、これでヤケドになるということもありません。