家庭用キャビテーションの副作用

家庭用キャビテーションはとても優れたダイエット方法です。なぜなら、痛みを感じることなく、辛い努力を継続する必要もなく、それでいてリバウンドしないダイエットをすることができるからです。そんな優れた方法ですが、副作用と呼べるような症状が出ることがあります。まずは頭にキーンと響く音です。これはキャビテーションが超音波による振動を伝えることで脂肪細胞を破壊していることによります。どうしてもその振動が骨伝導で伝わってしまうのです。

また、破壊された脂肪細胞から出てきた中性脂肪を代謝するため、一時的に肝臓に大きな負担がかかってしまったり、血中の中性脂肪値が高くなるということも起こります。そのため、肝臓が悪い人などの場合には、そもそも家庭用キャビテーションを使えないということもあります。

こうした副作用があげられるのですが、どれも表れる症状としては一時的なもので、その後も長く後遺症に悩まされるという心配はありません。同じように脂肪細胞を少なくすることでダイエットを実現する脂肪吸引と比較すると、神経麻痺や仕上がりのきれいさなど後々まで残る症状に発展するようなことは無いのです。そのため、安全にダイエットをすることができる方法と言えます。