家庭用キャビテーションとエステのキャビテーションの違い

キャビテーションをするためには2つの方法があります。1つは家庭用キャビテーションを購入して自宅で行うという方法、そしてもう1つはエステでキャビテーションを受けるという方法です。どちらの方法であっても、脂肪細胞を破壊してダイエットをするというキャビテーションそのものの特徴は変わりません。しかし、家庭用とエステでは違ってくるところもあります。

大きな違いとしてあげられるのは、キャビテーション使用後のケアです。キャビテーションというのは脂肪細胞を壊しますが、体外へ出すことはできません。そのため、使用後に代謝を高めるマッサージなどを行うことでより確実に効果を実感できるようにしていく必要があります。エステの場合にはマッサージがセットになっているものがほとんどですが、家庭用キャビテーションを使う場合には全て自分で行わなければいけません。プロのエステティシャンの持っている技術と自分のマッサージ技術とでは当然差が出てきてしまうことが考えられます。

しかし、家庭用キャビテーションにも利点があります。それは納得できるまで何度でも使えるということです。一度購入してしまえばそれ以降は何度使っても出費が増えるということはありませんから、自分の理想の体型が実現するまで続けることができるのです。キャビテーションの効果の出方は人それぞれです。回数を重ねることで結果につながることもありますので、コツコツ続けられるという点で家庭用は優れています。