家庭用キャビテーション後は内臓をしっかりと休ませる

家庭用キャビテーションを使った後は、できるだけ内臓に負担を与えないようにしなければいけません。キャビテーションを使うと脂肪細胞が破壊されますが、破壊された脂肪細胞は代謝によって体外へ排出されていきます。そしてその時にフル稼働するのが肝臓です。通常では考えられないほど急激に脂肪を分解していくことになりますので、大きな負担がかかります。

負担がかかるのは肝臓だけではありません。他の臓器にも通常ではあり得ない負担がかかります。自覚症状として出ることはありませんが、家庭用キャビテーション使用後の体というのはとても疲れています。そのため、内臓をしっかりと休ませるためにも無理は禁物です。中でも特に控えたいのは食べ過ぎや飲み過ぎといったことです。これらはダイエットの効果を表れやすくするためにも避けたいことですが、内臓を休息させるという意味でも避けるべきです。

なぜなら、飲んだり食べたりするということは、それを消化吸収したり不要なものを排出するために内臓を働かせなければいけないからです。もちろん必要な栄養はとらなければいけませんので、食べ過ぎない程度の腹八分目の食事は必要です。しかし、内臓の負担にならない体に優しいものを選んで食べるべきです。